NHK『みんなのうた』の2015年6-7月の歌の一つに「ひげヒゲげひポンポン」という曲があります。これを聴くと曲と絵が頭から離れないです。

 

 

www2.nhk.or.jp

 

NHK みんなのうた - ひげヒゲげひポンポン - たんきゅんデモクラシー

 

  • 歌: たんきゅんデモクラシー
  • 作詞: 荒木尚美、大橋弘典
  • 作曲: 荒木尚美
  • 編曲: 郷拓郎
  • アニメ: 大橋弘典

 

ヒゲばかり出てくるおかしな曲です。主人公の女の子が「自分にヒゲが生えたらどんなヒゲだろう?」という疑問から始まって、ダリやサンタクロースにヒゲを想像してみたり、猫や羊の動物に付けてみたり、自分のヒゲを伸ばしてドレスにして舞踏会へ行ったり、雲みたいに浮かで世界中に行ける〜と思ったり……妄想少女のヒゲ妄想が止まらなくなる歌です。

絵柄も可愛らしいです。でも何せヒゲが生えていますからね……女の子にもヒゲが生えています、サルバドール・ダリみたいな、黒くて端がクルンッと上に跳ね上がっているヒゲが。あれは可愛いの……かな。私にはちょっとだけ狂気のようなものを感じます。目がキラキラしている少女漫画系(というとまた違う気もしますが)の女の子にヒゲが生えている絵面はなかなかあれです。怖い。

でも気持ちは分かるんですよね。子供の頃は父親のヒゲに憧れていました。正確には、ヒゲに憧れていたというよりシェーバー(電動髭剃り)でヒゲをジョリジョリ剃ることに憧れていました。父がする手の動きを真似していましたねぇ。実際に大人と、剃るのが面倒なだけの存在になりましたが……。

曲調は歌っている女の子の声に合っている、シンプルで覚えやすい曲です。どこかで聴いたことがあるような気がしますけど思い出せません。あの曲の可愛らしさと得も言われぬ絵柄と歌詞とで、一度聴くとなかなか頭から離れないです。

歌っている方は「たんきゅんデモクラシー」という、くるみ、それいゆ、すずり、はんしの4人からなる女子中学生のユニットだそう。この曲を聴くまで彼女たちのことを全く知リませんでした。Webサイトがありましたので拝見しましたけど……いやいや。

6‐7月の歌は『たこちう。』も印象的で、中毒性の高い曲が多いです。

 

ひげヒゲげひポンポン

ひげヒゲげひポンポン

  • アーティスト: たんきゅんデモクラシー
  • 出版社/メーカー: 桜餅同好会
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る